マグネット広告の魅力を徹底解説!

このサイトでは、マグネット広告を利用したときにどのような効果が期待できるのかなどの点を紹介しています。
実際に広告を利用して宣伝をするといっても、さまざまな選択肢があげられます。
その中からマグネットを利用した広告を選ぶメリットを知ることで、良いところを活かしたうえで宣伝することにつながります。
ほかの媒体の選択肢を把握することが、より良い形でマグネットの広告を活ようするために大切な点です。
状況に合わせた判断ができるようにしましょう。

マグネット広告を他の広告媒体と比較

マグネット広告を他の広告媒体と比較 マグネット広告に興味を持っているものの、どのようなメリットがあるのかわからないという方もいるかもしれません。
そのような場合であれば、ほかの媒体と比較しながら考えてみるのも1つの手です。
例えば紙のチラシやネット広告などと比べることで、どのような特徴があるものなのか把握することにつながります。
例えばマグネット広告のメリットの1つが、何度も目にするチャンスが作られる可能性があるという点です。
紙媒体とのチラシだと、興味がないとすぐに捨てられやすいのです。
ネット広告の場合は、興味がないと流される確率が高くなります。
一方でマグネット広告は、冷蔵庫などに貼って使ってもらえば何度も目に入るチャンスを作れるというメリットがあげられます。

さまざまなタイプのあるマグネット広告の比較

さまざまなタイプのあるマグネット広告の比較 マグネット広告にはさまざまな種類のものがあり、利用する目的に合わせて選ぶことで、効率的に商品の宣伝ができます。
それぞれの広告にはメリットがあり、比較することで、最適な方法を見つけることができます。
ステッカータイプのマグネット広告は、特に多くの企業で使われている広告の方法ですが、ほかの方法と比較した場合のメリットは、家の中のいろいろな場所に貼り付けやすいことです。
連絡先の電話番号などを記載していくことで、捨てられずに保管してもらいやすくなり、必要なときに電話をかけてもらうこともできます。
水道工事や電気工事をしている会社の広告としても、使用しやすいタイプの方法です。
マグネット広告の中にはキーホルダータイプのものもあり、キーホルダーのメリットは、どこにでも持ち運びができることです。
持ち運んで使用することで、広告が目に触れる機会も多くなるので、宣伝としての効果もそれだけ高くなります。
外出先でほかの人に見られることもあるので、広告としての効果もさらにあがるため、企業広告に利用しやすい宣伝の方法です。
マグネット広告は表面の加工方法によっても複数の種類があり、表面が反射するタイプのものには、暗い場所でも見えやすいメリットがあります。

マグネット広告は価格が安いのでとても人気がある

自社のことを多くの人に知ってもらうためには広告を出してアピールをする必要がありますが、最も効果的な宣伝の一つがテレビコマーシャルです。
民放のテレビ番組を見ていると必ず途中でコマーシャルが入り商品などの宣伝をしていますが、これは大変効果があるので利用している企業が多いです。
ただテレビコマーシャルはとてもお金がかかるのでそれほど大きな企業でない場合には利用するのは難しいのですが、それ以外でも自社のアピールをする方法は色々あるのでそれほど心配することはないです。
その一つがマグネット広告で価格も比較的リーズナブルなので上手く利用している企業が沢山ありますが、この方法はとても意義がありマグネットをもらった人にとっても有難く重宝されています。
マグネット広告を大々的に行った結果として売り上げが伸びた企業も沢山あり広告料に見合っただけの成果を上げることができるので、多くの企業はこの広告の方法に注目していて取り上げているところも多いです。

商品を自然体でアピールできるのがマグネット広告

世の中には色々なノベルティグッズがありますが、様々な企業に愛用されているのがマグネット広告です。実用性が高いノベルティグッズであり、長期間、ユーザーに使い続けてもらえるのが利点です。
台所の冷蔵庫やリビングのメタルラックなどで、実用的な雑貨としてヘビーユーズされるため、企業や主力商品の名前や連絡先などを自然とアピールできます。自社の店舗やネット通販で、商品を購入してくれたユーザーに、ノベルティグッズとしてマグネット広告を一緒に渡してみるのも、良いマーケティング戦略です。
自宅だけではなく、会社や大学の研究室などにマグネット広告を貼り付けてもらえる可能性もあります。一般消費者向けのサービスをアピールする場合はもちろん、企業向けや大学向けのプロモーション活動を実施する際にもマグネット広告は役立ちます。
費用対効果の良いノベルティグッズでもあり、小ロットからでも注文可能です。中小企業や個人経営の店舗でも気軽に注文できるのが、魅力的なところです。

マグネット広告を依頼するときに用意しておきたいもの

マグネット広告の発注を専門業者に依頼するときは、デザインの内容を伝えなければいけません。明確に伝えなければイメージ通りの仕上がりにならないので、わかりやすくかつ細かい部分まで丁寧に説明しましょう。
相手にこちらの意図を正確に伝えるために、用意しておきたいのがレイアウト図です。
レイアウト図は意図が伝われば良いので、本格的なものを作る必要はありません。
手書きで簡単なデザインを書いて、それに注釈を付け加えるだけで明確化されます。
図を書くのが苦手なら細かく文字で説明するだけでも意図が伝わりやすくなりますから、マグネット広告を依頼する前に用意しておくと良いでしょう。
もちろんマグネット広告を制作する前には、素材となる画像やイラストなどのデータも必要です。素材データを元にマグネット広告を印刷しますから、できるだけ高画質のものを用意して、手描きイラストを素材にする場合はスキャナーを使ってデータ化しておきましょう。

マグネット広告は簡単に作成することができる

マグネット広告をつくってみたいけれど、デザインに関する知識がないから難しそうだと思っている人もいるかもしれません。
しかしながら、マグネット広告は簡単に作成することができます。
自分でイラストを描くスキルがなかったとしても、関連する写真を活用することも可能です。
デザインや配置のテンプレートが用意されている作成サービスも多いので、センスが良いものをつくりたい場合は使いたい写真やイラストとテンプレートを組み合わせることをおすすめします。
もちろん、文字を入れることもできるので、宣伝文や電話番号などを掲載することも可能です。
サイズや形も用意されているものから選べるケースが多いので、どのサイズや形にするか迷うことがありません。
このように、マグネット広告は技術や知識がなくても作成することができます。
誰でも簡単につくれるものなので、マグネット広告に興味がある場合は気軽に作成サービスを利用してみると良いでしょう。

マグネット広告は大きな宣伝効果が期待できる

マグネット広告を配布する方法を選ぶのであれば、大きな宣伝効果を得られる可能性が高いです。
これ以外の方法ではCMやチラシによる宣伝を行うこともできますが、CMやチラシは見てもらえないケースが多いと言えます。
真剣に見てもらえなかったり、すぐ捨てられて記憶に残らなかったりすることが多いです。
マグネット広告の場合はマグネットとして使うことができるので、捨てられる可能性を低くすることができます。
冷蔵庫などの見やすい場所に貼ってもらうことができれば、毎日のように目にしてもらうことが可能です。
サービスを利用する必要があるときには、真っ先に自社のサービスを思い出してもらえるようになるので、契約の獲得に結びつきやすいと言えます。
日常的に目にしてもらえる存在だからこそ、マグネット広告は大きな宣伝効果を生むことが可能です。
宣伝方法を探しているのであれば、このやり方を採用してみることがおすすめだと言えるでしょう。

マグネット広告と相性の良いサービスを知っておこう

マグネット広告の利用を検討するのであれば、この宣伝方法と相性の良いサービスを知っておく必要があります。
まず、家庭内のトラブルを解決するようなサービスに最適です。
これは家庭の冷蔵庫などに貼って使用される可能性が高いため、水回りの修理会社などが活用すればトラブルが起こったときに思い出してもらいやすいと言えます。
地域密着型のサービスもマグネット広告がおすすめです。
マグネット広告を見てサービスを利用する人の多くは、直感的にサービスを決定しています。
利用までに時間や手間がかかってしまうような場合はやっぱり利用しないでおこうと思われる可能性が高いので、地域密着型ですぐに対応できるような会社に最適だと言えるでしょう。
どの会社が活用しても宣伝に成功できるわけではないです。
特に家庭内の問題解決に繋がるサービスや地域密着型の会社にピッタリなものなので、マグネット広告と相性が良い場合は取り入れてみることをおすすめします。

企業が採用するマグネット広告の用途はどこでも使える魅力があります

企業が宣伝用としてアイテムを制作する場合、一般的なノベルティグッズで販売促進を狙う方法以外でもマグネット広告を活用する方法もあります。
自作でも作ることはできますが、必要とする枚数が多いという企業では、ネット上にマグネット広告を製作販売する専門店があるので、素材選びやサイズ選びをした上でデザインの入稿で短期間で納品されます。
マグネットという性質上、金属を用いている場所に対してはどこでも使うことができるメリットがあり、接着剤や両面テープを必要としないことから、取り外す際にも簡単に綺麗に剥がせるメリットもあります。
企業の場合は自社所有の営業車両を何台もあることが多く、営業車の車体用にマグネット広告を作ることにより、営業車が動く宣伝ボードのような機能性を持たせることができます。
車体用の場合はサイズを大きくして磁力の高い素材を選ぶこと、耐水性に優れた素材であれば十分に活躍をすることが可能になります。
ボンネットやドア、テール部分など金属パーツのどこでも貼り付けできるので、抜群の宣伝効果を生み出せるのではないでしょうか。

マグネット広告に要するコストの目安について

裏面が磁石のマグネット広告は、実用的で捨てられてしまう心配がないことから広く活用されていますが、実際に作成するとなるとコストが気になるのではないでしょうか。
マグネット広告のコストは、結論からいえば発注する数や大きさ、印刷と加工によって変わってきます。
一般的な目安としては1枚あたり数十円からで、小さいものを大量に発注すれば、1枚あたり10円を切ることもあります。
いずれにしても、大判を少量という発注方法だと高くなりますから、数が必要ないなら大きさを小さくする方向で価格を安くできます。
デザインも発注となれば追加費用が発生するので、テンプレートを活用したり、自分でデザインするのも節約のコツです。
また、変形サイズや特殊加工は単価が高くなる傾向ですから、定番サイズと定番の形状を選ぶことも、マグネット広告の検討におけるポイントです。
マグネット広告は用途の都合上、必然的に多く発注することになり得るので、多少大きめを選んだり目立つタイプを選択して、広告の効果を引き出すのが答えの1つになるといえるのではないでしょうか。

マグネット広告の配布はアナログだが効果あり

インターネット時代で、誰でもパソコンの画面上に自社の広告宣伝を打てるようになりました。
インターネット広告はテレビ広告費を超えて、一番の方法です。
ですが、そんなデジタル時代でありながらも、ポスティングの方法も現代でも通用しています。
チラシを制作してそれを折りたたみ、ポスティングする方法もありますが、マグネット広告を配布するという方法もあるのです。
マグネット広告のメリットはチラシであればすぐに捨てられてしまう可能性があるにも関わらず、マグネットであれば冷蔵庫などに貼っておかれて、長く目につく可能性があるのです。
さらにマグネットはチラシのようにかさばることもなく、立て5センチほどで、横10センチほどの大きさで製作されているので、配布された民家もさほど嫌がりません。
そこに載っている広告はカラー印刷されており、見やすいものも多く捨てられる可能性が低いのです。
ポスティングするのであれば、マグネット広告の威力は大きいといえます。

マグネット広告の参考サイト

マグネット広告

新着情報

◎2021/11/30

情報を追加しました。

> マグネット広告は大きな宣伝効果が期待できる
> マグネット広告と相性の良いサービスを知っておこう
> 企業が採用するマグネット広告の用途はどこでも使える魅力があります
> マグネット広告に要するコストの目安について
> マグネット広告の配布はアナログだが効果あり

◎2020/12/8

マグネット広告の長所
の情報を更新しました。

◎2020/9/3

ティッシュ配布と比較した時の長所
の情報を更新しました。

◎2020/8/31

サイト公開しました

「マグネット タイプ」
に関連するツイート
Twitter

/ 🔥楽天市場「美容家電」部門:第257位🔥 \ 歯ブラシ除菌キャップ UV-C LEDの深紫外で歯ブラシを除菌。生活防水タイプ マグネット内蔵 MDK-TS05… レビュー: 5件(🌟5)  商品価格: 3,480円🈹[9:30] ⬇クリック⬇

【試し価格ー2022年大人通勤用第三弾ー合革とキルトシーズ〜茶色マチつきトートバッグ(マグネットタイプ)ー内ポケット付き】ハンドメイド・クリエイター作品のマーケットプレイス Creema より

これのマグネットモデルあれば欲しいな(/ 'ω' )/ PZOZ 3個入り ケーブルホルダー PC製 ケーブルクリップ 11穴 充電ケーブル 固定 USB コードクリップ 落下防止 ケーブル クリップ 配線 収納用 貼り付けタイプ (ブラック) より

返信先:こういうタイプ マグネットボディマウントには 必須ですかね(ガッチリするし)

トートバッグは角が立ってるタイプのバックで大変好みです!やったぜ。 pornoの文字部分は白の刺繍、外ポケットはスナップボタン、本体部はマグネットボタン付き。ディスパトートみたいな内ポケットもついてます〜 サイドポケットはわずかにマチあり。